關於見城

「見城」とは、城壁を復元し、旧城の文化や風景を再現するだけでなく、文化と技術の他分野に跨がる手段でこの土地と人々の繋がりを再現します。

高雄左営国定史跡「鳳山県の旧城」は、台湾で保存されている城跡の中で最も古く広い古城です。 高雄市政府文化局は2016年に、「再造歴史現場-左営旧城の見城プロジェクト」を中央文化部に提案し、承認された。国史跡の左営旧城を再建するというビジョンのもとに、「見城館」はこの見城プロジェクトの重要な成果の一つです。

「見城館」はハイテク設備を使い、旧城の歴史と文化、また左営旧城の盛衰変化を展示する文化歴史博物館です。台湾で唯一プロジェクションマッピングで、明鄭時代から現在までの歴史風景を再現し、百年前の旧城をツアーするような体験を楽しむことができます。

三つのハイテク展示技術統合:動画、AR/VR、プロジェクションマッピングマッピング
「見城館」はハイテク設備を使い、旧城の歴史と文化、また左営旧城の盛衰変化を展示する文化歴史博物館です。台湾で唯一プロジェクションマッピングで、明鄭時代から現在までの歴史風景を再現し、百年前の旧城をツアーするような体験を楽しむことができます。